篠田株式会社

Language
日本語
English
tiếng việt
  • TEL:058-214-3495
  • メールフォームはこちら
  • 会社概要
  • 採用情報

環境・エネルギー ORC 環境・エネルギーカテゴリ

未利用廃熱で発電

未利用熱の有効活用は、社会全体だけでなく事業所においても大きな課題です。大量に大気放出されている未利用熱を有効に再利用することは、省エネルギーを実現するために重要な要因となっています。
廃熱発電は、これまで使われなかった廃熱を電気エネルギーに変換することにより、事業所の省エネルギーと環境保全に貢献します。

廃熱発電のメリット

  • 電力消費量の削減(省エネルギー)
    これまで排出していた熱を電力に替えることにより、事業所内電力の使用量を削減することが可能になります。
  • 環境保全
    電力の削減は、発電に必要な化石燃料の削減につながります。廃熱発電は、低炭素社会の実現のための環境保全に貢献します。
  • CSR(企業の社会的責任)活動・SDGsへの取り組み
    社会的課題の解決のために企業の取り組みが注目されています。廃熱発電は、省エネルギーの目標に資することが期待できます。

廃熱発電の種類

廃熱発電は、温度や熱量、性状によって発電設備が異なります。

発電設備 熱源 業種又は設備例
ORC 中低温 金属熱処理、窯業、ガラス製造、焼却設備、バイオマス発電所、コジェネレーションシステム等
スターリングエンジン 高温 ごみ焼却場、木質バイオマスボイラー、産業焼却装置、工業炉等(窯業炉、焼成炉、溶解炉、焼却炉等)
小型蒸気発電 蒸気 食品産業、石油化学、電子部品製造等
廃熱発電の種類

● ORC (Organic Rankine Cycle オーガニック ランキン サイクル)

蒸気タービンの一種ですが、水の代わりに沸点の低い有機媒体(代替フロン)を使用することで、90~250度までの中低温熱源で発電が可能です。熱源は、地熱・排気ガスの予熱など様々な熱源が使用可能です。

● スターリングエンジン

シリンダー内に気体を密閉した状態でシリンダーを暖めたり冷やしたりすると、内部の気体が加熱による熱膨張と冷却による収縮をするため、その力でピストンを作動させることにより発電をします。

● 小型蒸気発電

  • 余剰蒸気で発電
    大気放出されていた余剰蒸気や、回収ドレンから発生するフラッシュ蒸気を回収し、小型蒸気発電機で発電します。
  • 減圧時の圧力差を利用した発電
    蒸気は蒸気減圧弁で減圧して各プロセスで利用されていますが、その蒸気が持つ圧力エネルギーを使用して発電をします。

事業のご提案

調査から導入、稼動まで一貫したサポートを行います。

導入に向けたサービス例

※導入に向けての項目は状況により変わります。状況に合わせたご提案をいたします。

導入前調査
廃熱発電は、ガスの性状や集熱方法が重要なポイントです。
ヒアリング 現地確認・調査
  • 使用燃料
  • ガスの性状(温度、圧力、流量、成分)
  • 熱取り出し場所・方法
  • 利用できる冷却水量
  • 現状確認
  • 設置予定場所
  • 配管状況
  • 図面確認
  • 排ガス測定(必要な場合(有償))

矢印

導入提案
現場に最適な設備や燃料の選定を行います。また、設備費、工事費、燃料費、維持管理費といったコストを算出し、導入メリットをご提案します。
システム提案 試算、調整
  • 出力計算
  • メーカー選定
  • 最適なシステム構築
  • 初期投資費用算出
  • 維持管理費用
  • 支援制度・補助金の調査、検討
  • 採算性評価(投資回収期間)

矢印

導入支援
廃熱発電メーカーと連携をしながら導入スケジュールや納品、据付工事の調整を行います。導入後も試験稼動を行い、安定した稼動をサポートします。
  • 導入スケジュール提案
  • 導入調整
  • 試運転稼動
  • 稼動支援

多様な廃熱の有効活用をご提案いたします。先ずはご相談ください。