篠田株式会社

Language
日本語
English
tiếng việt
  • TEL:058-214-3495
  • メールフォームはこちら
  • 会社概要
  • 採用情報

太陽光発電

蓄電池と組み合わせる太陽光発電

 
 
 

~災害時の停電対策のための非常用電源~

近年、台風・地震・豪雨などの自然災害により、電力供給がストップする停電事例が増えています。
自治体庁舎や公共施設、学校だけでなく、民間企業も災害発生を想定したBCP対策が重要です。


BCP(Business continuity plan)とは
「事業継続計画」を意味し、 自然災害や事故などに直面しても事業を中断させない、中断したとしても速やかに復旧させるための計画のこと。
 
 
 
太陽光発電+蓄電池

太陽光発電システムを自家消費型で設置することにより、停電が発生した場合でも日照が得られる日中の電力は用意することが可能です。
しかし、夜間は発電ができず天候状況によっては発電量が低下するため、 太陽光発電システムの能力不足を補うには、必ず蓄電池システムを組込む必要があります。

 
 
平常時には省エネ効果

太陽光発電システムと蓄電池は、災害時の停電対策だけではなく、平常時に利用することにより施設や事業所、工場の省エネが可能です。
電力消費のピーク時に発電した電気を利用して電力削減する「ピークカット」や、電力を使う時間帯を電力消費のピーク時からずらす「ピークシフト」または「デマンド対策」によって施設の節電を行います。


事業サービス内容

太陽光発電は現場の状況や環境により発電量が異なります。消費電力量も設備の利用状況によって変わるため、現地と状況を確認し、ご要望を伺いします。
また、災害時の停電対策のために、使用する時間や設備、エリアなどをあらかじめ想定し、「太陽光発電システム+蓄電池」でどれだけを担えるかを計算する必要があります。
最適なシステムを導入するために打ち合わせを重ねることで、メリットのある「太陽光発電システム+蓄電池ソリューション」をご提案します。

主な調査内容

  • 現在の状況や電気使用量をヒアリング
  • 現地調査(施設と設備)
  • 停電時に給電する時間や設備、エリアなどの打ち合わせ
  • 導入設備、各コスト、メリット、運用などのご提案
  • 補助事業申請サポート
  • 導入スケジュール調整