篠田株式会社

Language
日本語
English
tiếng việt
  • TEL:058-214-3495
  • メールフォームはこちら
  • 会社概要
  • 採用情報

木質バイオマス

日本の林業を蘇らせる木質バイオマス利用

国産材の利用は、「植える→育てる→使う→植える」サイクルを維持し、森林の多面的機能を発揮すると共に、山の持主へ収益が還元され地域の活性化に繋がります。しかし、日本の林業は、木材の輸入自由化などによる林業の衰退に伴い、間伐の遅れや林業従事者の減少といった課題を抱えています。

そうした中、森林資源を活用した新たなエネルギー源として、木質バイオマスによる発電や熱供給事業が注目を集めています。豊富な森林資源を持つ日本にとって、木質バイオマスエネルギーの有効活用は、林業が抱える地域での産業化雇用の創造課題などを解決する方策として期待されています。

国産材を活用して地方創生を図る

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会HPより引用

詳しい資料ダウンロードはこちら




木質バイオマス新着情報

■2021年7月29日更新 バイオマスコンサル事業紹介 資料配布のお知らせ

■2021年5月31日更新 補助金を活用した木材設備導入支援のご紹介





地域発展のための包括的な木質バイオマス利用サポート


「バイオマス」と聞くと発電事業が一般的ですが、バイオマス発電事業は、地域や山へは利益が還元されにくい課題があります。
地域発展のためには、間伐材や林地残材、製材端材を利用効率の大きい熱エネルギーとして地域で利用する「地域への熱供給システム」が求められています。
弊社は「地域への熱供給システム」を実現するのために、バイオマス事業を包括してサポートします。

バイオマス発電の場合は、熱エネルギーの75%を捨ててしまっている 木質バイオマス熱利用の場合は、ひとつの地方地域圏で経済の好循環が生まれる
 

導入可能性調査

木質バイオマスを熱利用施設で導入するためには、事業目的と期待する効果を明確にすることが重要です。特に、「林業・製材産業との両立」「経済性・事業性の検討」「規模の適正化」「燃料の見極め」といった点が重要視されています。

主な調査内容
  • 利用バイオマスの把握(木質資源量、製材産業の端材量など)
  • 設備規模の設定
  • エネルギーの利用先(熱を必要とする産業や設備 例:農業用ハウス、温浴施設、食品工場)
  • 熱需要計測のみも承ります。施設単位での導入可能検討に最適です。
  • 基礎分析は無償にて承ります。お気軽にご相談ください。
 



 

設備導入支援

導入前調査で得た情報から、現場に最適な設備や燃料の選定を行います。
また、設備費、工事費、燃料費、維持管理費といったコストを算出し、導入メリットをご提案します。

主な支援内容
  • 地域に適したバイオマス設備計画の作成・立案
  • 燃料の安定調達に関する計画の策定及び体制の構築
  • 機器選定
  • 補助金調査・申請のサポート
  • バイオマス設備には、ボイラー以外にもサイロ・搬送装置・蓄熱タンク・温水導管・制御装置などの導入も必要となります。
  • 施設環境によっては、バイオマス木材乾燥機やバイオマス蒸気ボイラー、発電装置が必要な場合もあります。
 



 

 

調査・導入実績

北海道某町「木質バイオマス熱利用事業化計画策定事業」
大手コンサルタント様より町内施設の設備調査、熱需要計測を再受託。
鳥取県某町「木質バイオマスボイラー導入事業化計画」
地元コンサルタント様より、導入検討施設の設備調査、給湯・暖房熱負荷検証、設備計画を受託。
群馬県某所 バイオマス木材乾燥機導入
導入先:地元製材企業 機器:高温乾燥機、バイオマスボイラー 燃料:製材端材

公式SNSアカウントのご紹介

地方活性化や地域創生に向けたバイオマス事業を紹介するフェイスブック公式アカウント篠田株式会社環境機器課公式facebookページ
木質バイオマス事業を中心に、弊社事業の取り組みをご紹介しています!

「地域の防災・減災強化を促進する自立型エネルギー設備のご提案」資料
地域の防災・減災強化を促進する自立型エネルギー設備のご提案資料
太陽光発電・蓄電池とバイオマスボイラーを組み合わせ、再生可能エネルギーによる電気と暖房・給湯を可能とするシステムのご提案です。平常時には二酸化炭素の削減を、災害時には電気やガスなどのライフラインが寸断されても自立した電気機器の使用、暖房や入浴が可能となります。避難所などのレジリエンス強化にお勧めです。
資料は下記「カタログダウンロードサービス」からご覧いただけます。
「木質バイオマス木材乾燥機のご提案」資料
木質バイオマス木材乾燥機のご提案資料
木材加工時に発生する端材・木くず等を、木質バイオマスボイラーを利用し木材乾燥に活用するご提案です。重油・灯油の購入費削減、バークなど端材処理費の削減、製材事業における二酸化炭素の排出削減を同時に達成致します。
資料は下記「カタログダウンロードサービス」からご覧いただけます。

カタログダウンロードサービス

カタログのダウンロードはこちら

下記項目を全てご入力頂き、下記ダウンロードボタンをクリックしてください。

会社名・団体名必須
必須
必須
必須
残りの必須項目: